病気のおはなし

ホーム > 病気のおはなし > がん(膀胱がん)

がん(膀胱がん)

腎がん膀胱がん前立腺がん

膀胱がんって?

膀胱は腎臓で作られた尿をためる為の臓器です。下腹部、だいたい恥骨の裏くらいに位置します。膀胱の内側は粘膜でおおわれておりそこから発生するがんが膀胱がんです


膀胱がんを疑う症状

膀胱がんの初期症状でもっとも多いのが血尿です。膀胱炎、結石、前立腺肥大症などでも血尿がみられますので鑑別の為、専門の泌尿器科を受診してください。膀胱がんによる血尿は痛みなど他の症状を伴わない事が多いです。また、抗生物質を飲んでもなかなか治らない血尿はがんが隠れていることがありますので注意してください。肺がんと同様に喫煙者に多く発生します。喫煙者は気をつけましょう


膀胱腫瘍の検査

膀胱がんが疑われたら、尿細胞診、経静脈的尿路造影、膀胱鏡検査などを行います。尿細胞診は尿の中に悪性細胞が混ざってないかみる検査です。経静脈的尿路造影は造影剤を注射してレントゲン上に腎臓、尿管、膀胱を描出させる検査です。膀胱鏡検査は直接膀胱内を内視鏡で観察します
膀胱がんが認められたら、CT、MRIなどでどこまで進行しているか調べます。


治療について

膀胱癌の治療は表在癌(筋層非浸潤がん)と浸潤癌(筋層浸潤がん)、進行癌(転移がん)に分けられます。

表在癌は膀胱の粘膜内にとどまる癌であり粘膜の下にまで達していないものです。この場合内視鏡手術で治療は可能です。しかし、膀胱腫瘍は再発率が高い為、再発予防に抗癌剤やBCGといった薬を膀胱内に注入することがあります。1~2週に1回ずつ計6~8回ほど注入します。これは退院後、外来通院にておこないます。

浸潤癌は粘膜の下の筋肉の層にまで浸潤した癌です。この場合内視鏡のみの切除は不可能です。根治には膀胱を全て摘出する事が必要です。しかし、患者さんの希望や症例によっては放射線と抗癌剤の組み合わせによって膀胱を温存する治療(動注放射線治療)もおこなっています。

浸潤癌に対する治療オプション
・手術(膀胱全摘除術:最もスタンダードな治療法)
・温存治療(抗がん剤+放射線治療)

膀胱を摘出する手術では膀胱が無くなった後、どのように尿を体外に出すかです。膀胱に代わる機能を持った尿の通り道(尿路)を再建しなければなりません。これを尿路変更といいます。当院では、1) 体に袋をつけるタイプ(回腸道管など)、2) 体のなかに腸を用いて尿を貯める袋をつくり導尿により尿を出すタイプ(リザーバーまたはパウチ)、3) 腸で作った袋を残った尿道につなげ、手術前と同じように尿道から尿を出すタイプ(代用膀胱)、の3種類を行っています。これらには長所、短所があり患者さんの年齢、病態、生活など十分考慮し、よく相談した上で術式を決定しています。

進行癌および再発例に対しては積極的に抗がんによる化学療法を施行しております。新規の抗がん化学療法剤である、ジェムシタビン、シスプラチン、パクリタキセル等を用いた併用抗がん化学療法です。また、院内緩和ケアチームと協力し、疼痛除去と心理カウンセリングなどを主体とした緩和治療も積極的に導入しております。


体内で腸管(小腸)を用いて人工膀胱を作製
2011年よりロボット支援膀胱全摘除術+腔内尿路変更術を開始し2016年までに20症例を施行し、全例で完遂し開腹手術や全摘除術への移行は認めておりません。腔内での尿路変更のため手術創も小さく術後も早期の安定した回復が可能です。本治療法は健康保険に採用されておりませんので自費診療となります。詳しくは担当医または外来までお尋ね下さい。
(ロボット支援膀胱全摘除術へ)


このページの先頭へ