病気のおはなし

ホーム > 病気のおはなし > がん(腎がん)

がん(腎がん)

腎がん膀胱がん前立腺がん

腎がんって?

腎臓は左右に一個ずつある臓器です。血液をきれいにし、老廃物を尿として排出する仕事をしています。その腎臓に発生する悪性腫瘍が腎臓がんです。その原因は不明ですが遺伝性のものもあります。初期は無症状ですが進行すると血尿やおなかから腫瘤を触知するようになります。転移は肺や骨に来しやすくそれによる呼吸困難、骨の痛みを起こすこともあります


腎がんかもしれない

最近では健康診断の超音波検査などで偶然に見つかる例が増えています。しかし、良性疾患である腎嚢胞や腎血管筋脂肪腫などと鑑別を要する為に、専門である泌尿器科を受診してください。


腎腫瘍の検査

腎がんと良性疾患である腎嚢胞、腎血管筋脂肪腫は超音波検査、CT、MRI、血管造影検査などで鑑別します。
転移の検索にはリンパ節や肺への転移を見るCTや骨への転移を見る骨シンチグラフィーを行います


治療について

腎がんは放射線療法、抗がん剤療法がほとんど無効なため、根治療法は手術となります。手術方法は古くから行われている開放手術(おなかを切る方法です)と内視鏡を利用し、小さな傷ですむ腹腔鏡下手術があります。腹腔鏡下手術は開放手術に比べ手技的には難しいですが術後の患者さんの回復、社会復帰は早くできます。また、従来は腎臓にがんが出来た場合、腎臓を一個まるごと摘出していましたが(腎摘出術)、最近では早期に小さなうちに発見される症例が増えてきており、このような症例には腎部分切除術を行う事もあります。これは腎臓のがんの部分だけを切り取り、正常な部分は温存する方法です。 開放手術か腹腔鏡下手術か、腎摘出術か腎部分切除術か、それぞれの方法の長所短所を医師と患者とよく話し合った上で決定します。

転移がある症例ではインターフェロンやインターロイキン2といった薬を使います。インターフェロンは術後再発の可能性がある場合、半年から一年の間再発予防の為に使うことがあります。

イメージ図また、2008年より新規の治療法として分子標的治療薬が導入され、今までの治療で不治であった進行腎がんに対し革新的な治療法がもたらされています。

2010年より、我が国で初のロボット支援腎部分切除術を開始し2016年までに100症例を施行し、開腹手術や全摘除術への移行は認めておりません。術後も安定した腎機能を維持する事が可能です。

2016年には健康保健の適応となり、患者様負担も軽減されております。(ロボット支援腎部分切除術へ)


このページの先頭へ