ようこそ 分子腫瘍学講座のHPへ


現在、日本人の2人にひとりは悪性腫瘍に罹患すると考えられています。
幸い、がんの診断、治療技術は年々進歩しており、がんになっても、健康で長生きすることが可能な時代になってきました。
分子腫瘍学研究室では、さらに多くの人たちがこの恩恵に預かれるよう、発がん過程の解明とそれに基づく治療法の開発を実現するべく、日々研究を重ねています。

大学院生、研究生募集中です。
私たちと一緒にがん研究をしてみませんか?

新着情報

最終更新日:2020.07 >>>新着情報一覧

 2020.07

 中部大学村手隆先生との共同研究 'Vaticanol C, a Phytoalexin, Induces Apoptosis of Leukemia and Cancer Cells by Modulating Expression of Multiple Sphingolipid Metabolic Enzymes'
 が Nagoya J Med Sci に掲載されました

 2020.07

 藤田医科大学泌尿器科学講座との共同研究 
 'Combined α-methylacyl-CoA racemase inhibition and docetaxel treatment reduce cell proliferation and decrease expression of heat shock protein 27     
 inandrogen-receptor-variant-7-positive-prostate cancer cells' が Prostate International に受理されました。吉澤先生おめでとうございます。

 

 2020.06

鈴木元が令和2年度戦略的基盤技術⾼度化⽀援事業採択課題「卓越したPDXモデル作製に有⽤な、ヒト由来貪⾷促進・抑制レセプターを持つアームドマクロファージ技術の開発」の
 アドバイザーになりました。

 

 

 

 

 

 

 

連絡先                                              
 電話番号:0562-93-2440                                    
 住所:〒470-1192                                        
 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98                                
 e-mail:motosuzu*fujita-hu.ac.jp (メールの際は、*を@に変更してください)