近況 of 藤田保健衛生大学・総合医科学研究所・分子遺伝学研究部門

molgen.jpg
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
Division of Molecular Genetics. Institute for Comprehensive Medical Science. Fujita Health University.



HOME > 近況


卒業式 2013.3.

晴れやかな日

__.JPG

宮村先生と稲垣先生が学位を授与されました。おめでとうございます。

フィラデルフィア子供病院 Laura Conlinさんをお迎えして  2013.01.13 (総合医科学研究所セミナー室)

加藤助教の留学先の友人でもあり、研究員のLaura Conlinさん

P1130270.JPGP1130274.JPGP1130275.JPG1101121224_600.jpg

紹介
加藤助教の留学中の友人Laura Conlinが日本を訪問。
講演を依頼したところ、快く引き受けて頂きました。

"Genomic Diagnostics in the Cytogenetics Laboratory: Using SNP arrays and Whole Genome Sequencing to Identify Complex Chromosomal Changes"というタイトルで発表されました。

彼女の研究室で臨床研究として行っているSNPアレイを用いた染色体のコピー数異常の検出について、彼女がこれまでに解析を行った8,000サンプルの中から実例を挙げつつ、結果の解釈について講義して頂きました。
また彼女の研究室では、最近新しいプロジェクトが立ち上がり、次世代シーケンサーを用いてある疾患の原因遺伝子群の変異を調べ発症のリスクを調べているのですが、その概要について詳細に話して頂きました。
このプロジェクトは2012年12月24日のTIME誌の表紙を飾っており、またリンク先として参考URLを貼っておきます。
LinkIconリンク
講演では彼女のプロジェクトの組織、規模、ワークフローなど非常に参考になることが多く、また講演後も研究室員の実験の解釈など、丁寧に説明をして頂きまして、
非常に有意義な1日を過ごすことができました。
Lauraさん、ありがとうございました。


平成24年度 学位論文公開発表会 2012.12.21 (生涯教育研修センター)

産婦人科 宮村浩徳先生、稲垣文香先生

IMG_0124.jpgIMG_0125 - コピー.jpg宮村先生IMG_0127 - コピー.jpg稲垣先生

宮村先生、稲垣先生、4年間、お疲れさまでした。
淋しくなりますが、またラボの方にもお顔を見せてください!
先生方の今後のご活躍にご健闘をお祈りいたします。



2012年度 卒論生 藤原怜子さん、助教 加藤武馬さん 打ち上げ歓迎会 2012.10.30 (和食・大人の個室空間 MASA 名古屋駅)

藤原さん、お疲れさまでした!加藤さん、お帰りなさいっ。

P1050228.JPGみなさん、なんだかおいしそうに召しあがってますね。。。P1050226.JPGおいしそうなお料理の中身は、これっ↑↑P1050229.JPG藤原さん、約5ヶ月間、よく頑張ったね☆おつかれさま。その背後にいるのが加藤武馬です。P1050231.JPGこちらのグループもなかなかいい感じ♪P1050230.JPGその中でも最高のヒトを見つけましたーーー(^○^)P1050232.JPG出来上がった(笑)ヒト(^m^;)もいますが、楽しい宴でした。

卒論生 藤原さん、約5か月間お疲れ様でした。
卒論発表会も大盛況だったようですね~。(発表会の動画つきです。)
本当によく頑張りました。
来年4月からは、大学院進学も決まっているとのことで
彼女の今後の活躍には、目が離せません!!

加藤武馬さん、おかえりなさい。
2年半の留学を終えて、ラボに帰ってきました!
留学先で色々と学び得たことを
分子遺伝でしっかりと発揮してくださいね。

お二人とも応援してます!





2012年度 オープンキャンパス 2012.08.09/08.18  (総医研 分子遺伝学研究室 )

今年も、キタ―――!!

DSCF1094.JPG分子遺伝学のメインテーマです。DSCF1096.JPG分子遺伝学 倉橋教授のミニレクチャーです。DSCF1081.JPGこちらは、皆さんにこれから体験していただくことを説明しております。DSCF1099.JPGさあ、受験生もチャレンジです!みえることを信じて。。DSCF1098.JPGどうかな??みえたかな??DSCF1086.JPGこちらは、蛍光顕微鏡を使って、みていただきます。 DSCF1101.JPG暗室になりました。いかがでしょうか?DSCF1104.JPGこちらは、シークエンサーを使います。遺伝子もこちらのシークエンサーを使用すると。。。


今年もついにこの日がやってきました!!
オープンキャンパスデーです。
受験生の皆さんに、興味を少しでも抱いていただくため
分子遺伝スタッフも毎年、何にしようかと案を練りに練って(笑)
考えております。。(^-^)
それでは、どうぞ!!

総医研セミナー 名古屋大学大学院 医学研究科 健康社会医学専攻 発育・加齢医学講座 小児科学/成長発達医学 病院助教 中西 康詞 先生 2012.08.10 ( 生涯教育研修センター1号館 )

セミナーの模様。

DSCF1088.JPGDSCF1090.JPGDSCF1091.JPGDSCF1093.JPG


今月のセミナーは、名古屋大学大学院 医学研究科 健康社会医学専攻 発育・加齢医学講座 小児科学/成長発達医学 病院助教 中西 康詞 先生をお招きしまして、「 ファンコニ貧血とDNA架橋修復 」についてレクチャーしていただきました。
細胞が抗癌剤であるDNA架橋化剤に高感受性を示すことでしられるファンコニ貧血遺伝子を調べることにより、二重鎖架橋修復について多くのことが明らかになってきています。相同組み換え修復という見地からお話してくださいました。

助教 向後先生御夫妻(分子遺伝学、第一解剖学研究室)合同送別会  2012.08.07 ( 夢の蔵 平針店 )

9年間、お疲れさまでした。

P1050134.JPG分子遺伝から餞別です。P1050136.JPG心にきちゃったようです。。P1050135.JPG堤さんよりひとこと。P1050137.JPG卒論生 藤原さんからひとことP1050138.JPG第一解剖学教室 秦教授 左から3人目P1050139.JPG解剖学教室の方からひとこと。P1050142.JPG向後先生、気ははっておられるものの、だいぶ(ToT)きちゃってますね。。 P1050140.JPG娘さんの実結ちゃんと一緒に(*^^)vP1050141.JPG向後先生 奥様より。P1050143.JPGお元気で☆


向後先生、9年間、お疲れ様でした。
急に決まった事だったそうで、びっくり(@_@;)しましたヨ。
分子遺伝が立ちあがった頃に、赴任されたそうなので、
思い出が詰まったラボですよね。
寂しくなりますが‥。群馬大学でも研究成果を立派に挙げてください☆
今後の向後先生御夫妻のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。

総医研セミナー 神戸大学大学院 医学研究科 内科系講座 小児科学分野 こども急性疾患学部門 特命助教 池田(谷口)真理子先生  2012.07.13 ( 生涯教育研修センター1号館 )

セミナーの模様

DSCF1064.JPGDSCF1070.JPGDSCF1061.JPGDSCF1067.JPGDSCF1063.JPG

池田(谷口)真里子先生は、6年前、大学院生の期間に私たちのラボに在籍し、共同研究を行っておりました。

今月のセミナーは、「 福山型先天性筋ジストロフィーの スプライシング異常に対するアンチセンス療法 」です。

福山型筋ジストロフィー(FCMD)は日本に特有な重篤な疾患で、
小児で2番目に多い先天性筋ジストロフィーであり、治療法がないと言われていますが。
池田先生の研究班は、ほとんどのFCMD患者は、原因遺伝子の3’非翻訳領域にSVA型
レトロトランスポゾンの挿入を持つがその発症機序は不明でありましたが、
FCMDがSVAという歩く遺伝子であるレトロトランスポゾンの挿入変異が誘導するスプライシング異常症であることを見出しました。

なかなか、興味深いお話で、聴講されている皆様からも様々なディスカッションが飛び交いました。

博士研究員 童茂清さん、2012年度卒論生 藤原玲子さん  歓送迎会  2012.06.14 ( 神楽食堂 串家物語 金山店 )

歓送迎会

DSC03295.JPGせっかくなのに暗くて、申し訳ない‥ 藤原さん(左手前)、童先生(中央)、 倉橋教授(右手前)DSC03296.JPG右手前 ディビアさんです☆DSC03300.JPG堤さんご主人、【右手前】和田さん(左手前)も駆けつけてくれました!DSC03307.JPG倉橋教授を囲んで。童先生お元気で!

童先生、お疲れさまでした。
分子遺伝には、5年間でしょうか?
日本には10年間みえたとお聞きしました。長いようで短いですね。
母国に帰られても、頑張ってください!分子遺伝一同、願ってます。
童先生なら、どんなことでも乗り越えて行けると信じてます☆

卒論生、藤原さん、ようこそ!
半年間あまりですが、頑張っていきましょうね!!

カナダトロント小児病院 ピアソン博士をお迎えして。  2012.06.01 ( 学内生涯教育研修センター)

徳川園にて。懇親会

IMG_2723.jpg手前左から、稲垣 向後 ピアソン博士 徳川園にて。IMG_2736.jpg徳川園にてIMG_2750.jpg懇親会 ピアソン博士を囲んで。

6月1日【金】カナダトロント小児病院 ピアソン博士をお迎えし、生涯教育研修センターにてセミナーをしていただきました。
トリプレットリピートの不安定性を研究しておられるピアソン博士と私たちの染色体構造異常チームの研究テーマは、不安定性のメカニズムに関して、オーバーラップする部分が多く、有意義なディスカッションができました。


歓迎会 2012.05.16 ( 魚がし料理 嘉文 徳重ヒルズガーデン店)

新メンバーです。

P1050131.JPG手前左から産婦人科 西澤先生、宮崎先生(新)、おち夢クリニック 和田さん(新)  手前右 倉橋先生、秘書兼研究補助員 神谷さん(新)です。P1050129.JPG超→豪華でした☆ 一部抜粋です。(*^_^*)P1050130.JPG分子遺伝学メンバー+堤さん(ご主人) P1050133.JPGどうぞ、よろしくお願いいたします。 (^-^) 

2012年、新メンバー(大学院生 宮崎先生、和田さん、秘書兼研究補助員 神谷さん)
これから一緒に、分子遺伝学を盛り立てていきましょう! 
西澤先生、西山先生、宮村先生、お忙しい中、駆けつけてくださいまして、
ありがとうございました。
それでは
一本締め’で
気を引き締めたいと思います。これからの皆様の健康と益々のご活躍にラボの発展を祝して
よ~~~~お・・パン!」

卒論生打ち上げパーティ 2011.11.07 (魚民 原駅)

学生さん、お疲れさまでした。

DSCF0904.JPGおいしいですか~?? DSCF0905.JPGカメラに気付かれた!!!DSCF0907.JPGみんなで。(^v^)v

医療科学部 臨床検査学科 卒論生 尾鷲さん、金森さん、清水さん、5か月あまり、よく頑張りましたね☆ 国試もその調子でFight! 応援してます。

オープンキャンパス 2011.8.04

毎年恒例です。

DSCF1417.JPG倉橋教授の講義です☆ DSCF1432.JPGなるほど。。DSCF1434.JPGいざ、体験!DSCF1438.JPG上手にできるかな?DSCF1447.JPG暗室で顕微鏡をのぞくと…。

つづきは、分子遺伝学講座にて、お待ちしております。(^-^)

卒業式  2011.3.10

晴れやかな日
DSCF0884.JPGDSCF0882.JPG

童先生と西山先生が学位を授与されました。おめでとうございます。
写真のお二人、嬉しそうに写っていますね。
それから、卒論生が晴れ姿を見せに来てくれました。みんな無事卒業できてよかった、よかった。

学位論文公開発表会  2011.2.3

おつかれさまでした。
DSCF0866.JPGDSCF0874.JPG

写真左から大学院4年生の童先生、西山先生です。
前日に宮村先生の論文が新聞等で取り上げられたこともあり、2人の発表は注目されていました。2人とも堂々と落ち着いて発表されていました。

宮村先生の論文 Mol Hum Reprod in press.  2011.2.2

各メディアに取り上げていただきました。
DSCF0865.JPGDSCF0862.JPGDSCF0861.JPG

論文の公開解禁日の前日となる2/1には、各新聞社の方々に集まっていただき内容を発表させていただきました。いちばん左の写真の左から倉橋教授、宮村助教、大阪府立母子保健総合医療センター研究所の柳原先生です。
当日は新聞各紙にて紹介していただき、yahoo!のトップニュースにもなりました。

倉橋先生のOO回目のお誕生日 2011.1.6

おめでとうございます。

DSCF0855.JPGDSCF0853.JPGDSCF0852.JPG
あやうくスルーしそうになりましたが、ラボのみんなと倉橋先生のお誕生日をお祝いすることができました。ただ買いに行った人がケーキを食べたかっただけという説もありますが…
写真をみれば教授の歳がわかってしまいますねw これからもご指導よろしくおねがいします!

大掃除&忘年会 2010.12.28

1年おつかれさまでした

2.JPG3.JPG4.JPGDSCF0848.JPG

大掃除は卒論生の協力もあって、例年よりも早く終わり大変助かりました。
恒例のラボでの忘年会は、王さんお手製の餃子入り鍋やちゃんちゃん焼き、堤さんのご主人が作ってくださったナシゴレンをおいしくいただきました。そうそう、レンジで作るプリンもありましたっけ。

総医研セミナー 2010.11.16

演者:Dr. Hisashi Tanaka

所属:Department of Molecular Medicine, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine, Case Western Reserve University
演題:Inverted gene duplications in the genomes of humans

DSCF0842.JPG
Dr. Tanakaは、京都大学医学部にて外科医として研修された後、1998年からシアトルのFred Hutchinson Cancer Research Centerにて留学され、2006年 にはCleveland ClinicにてAssistant Professorをしておられます。もう10年以上もアメリカで基礎研究をされていますが、最近の若手研究者が海外に出て行かない日本の事情を聞いて、一度はアメリカのような多様性の文化の中で研究をすることの重要性を強調しておられました。研究費を維持するのは大変そうでした。

卒業生打ち上げ 2010.11.15

研究お疲れさまでした

DSCF0832.JPGDSCF0836.JPGDSCF0835.JPGDSCF0830.JPGDSCF0803.JPGP1130371.JPGDSCF0809.JPGDSCF0800.JPG


大暴露大会?!

卒論実験中には言えなかった指導教員と卒論生との間のわだかまりを、この際ぶっちゃけてもらいました。勘違いが発覚したり、本人も予想外な部分を指摘されたり…
みなさん結構辛口ですな。第3者はとても楽しく聞けましたが。
それから、心のこもった色紙と記念品、どうもありがとう☆

卒業論文発表会 2010.10.29

立派でした!

P1130215.JPGP1130209.JPGP1130210.JPG


医療科学部の卒論生が研究成果を発表しました

4人とも堂々と落ち着いて発表できましたね!お疲れさまでした。

向後先生の奨励賞受賞の祝賀会 2010.10.22

しゃぶしゃぶ~♪

DSCF0782.JPGDSCF0783.JPGP1130188.JPGP1130189.JPGP1130191.JPGP1130190.JPGDSCF0779.JPGDSCF0787.JPGP1130194.JPGDSCF0790.JPG


人生初しゃぶしゃぶだという声もちらほら。おいしかったね。

向後さんのご家族も駆けつけられました。初大河くんがお目見え。しっかりしたお顔立ちで、日本人離れしてますな。将来が楽しみです。実結ちゃんはお母さんそっくりです。


向後先生が藤田医学会で奨励賞を受賞しました 2010.10.8

おめでとうございます!

DSCF0768.JPGDSCF0766.JPG


オープンキャンパス 2010.8.5 8.19

盛況でした!

DSCF0725.JPGDSCF0741.JPGDSCF0744.JPGDSCF0734.JPG

遺伝学に興味を持ってもらえたかな??

卒論生の歓迎会 2010.6.28

盛り上がりました!

031.JPG036.JPG012.JPG035.JPG015.JPG013.JPG024.JPG022.JPG011.JPG016.JPG

夜の太田さん、土曜日の細羽さんも参加

西脇さんはお酒が強いみたいね!いつものようにI氏は酔っ払いでした・・・。記憶ありますか?? こちらも画像が乱れていてごめんなさい。

卒論生いらっしゃい! 2010.6.14

6月14日より医療科学部4年生の卒業研究が始まりました

007.JPG005.JPG006.JPG

ようこそ!

左隅の写真、左上から右回りに岡崎美奈さん、西脇愛美さん、酒見咲千子さん、有吉彩さんです。よろしくね!写真の荒れは後日修正します・・・m( _ _ )m

お花見 2010.4.9

三崎公園でのランチ

054.JPG055.JPG056.JPG057.JPG

毎年恒例

私のせいでお花見の日をずらさせてしまったのですが、桜のピークは過ぎたもののいいお天気にめぐまれ、まだまだきれいな桜を眺めることができました。

大阪府立母子保健総合医療センター研究所の柳原先生と味村先生来所 2010.4.1

仲良くなれました?!

CIMG0646.JPGCIMG0647.JPGCIMG0640.JPGCIMG0641.JPGCIMG0644.JPGCIMG0645.JPG

さすがです

Gene Chipのハイブリ、スキャンは問題なく終わり、解析ソフトも難なく使いこなされたようです。結果が楽しみですね!夜は分子遺伝のメンバーとの交流会がありました。お酒も進んで楽しい会となりました。

産婦人科チームでの小石先生と加藤君の送別会 2010.3.26

お世話になりました

P1000878[1].jpgP1000874[1].jpgP1000877[1].jpgP1000891[1].jpgP1000884[1].jpgP1000898[1].jpg

名残惜しいです

産休明けの文香先生も来てくださり、ミッドランドのスペイン料理屋さんで賑やかに開催されました。小石プライア奏子先生は4月から実家の産婦人科に勤務されるそうです。地元では人気な病院で(http://www.koishi.or.jp/)、忙しくなりそうですね。お体に気をつけて、がんばってください!

大阪府立母子保健総合医療センター研究所の味村先生登場 2010.3.24

Affymetrix Gene Chipのサンプル調整に来られました

P1000872.JPG

おつかれさまでした

はじめての実験は緊張しますよね。ちょっと予定よりも長くなったけど、無事に準備ができてよかったですね。4/1,2のChipへのハイブリ、スキャンもどうぞよろしくお願いします。

祝!向後さんに第2子誕生 2010.3.15

おめでとうございます

CIMG0628.JPG

お名前は大河(たいが)くんです

寅年にちなんで?タイガーくんならぬ大河くんだそうです。分子遺伝のメンバーからお祝いとして木馬をプレゼントしました。

卒業式 2010.3.11

卒論生の短大衛生技術科の熊崎さん、藤原さん、医療科学部臨床検査学科の佐々木さん、安川さんが卒業されました

P1000757.JPGP1000754.JPGP1000762.JPGP1000765.JPGP1000770.JPGP1000756.JPG

さみしくなります

卒論研究のときは、若いパワーでラボを明るくしてくれました。新天地での活躍をお祈りしています。また遊びにきてくださいね!

加藤くんの送別会 2010.3.1

4月からフィラデルフィア小児病院(The Children's Hospital Of Philadelphia:CHOP)へ留学する加藤武馬くんの送別会でした

CIMG0618.JPGCIMG0604.JPGCIMG0606.JPGCIMG0622.JPGCIMG0614.JPGCIMG0612.JPG

分子遺伝OBの山田先生や抗体研の岡田さん、免疫の堤さんも来て下さいました

卒論生の佐々木さんと安川さんの発案で、写真とメッセージが入ったボードをプレゼントしました。また記念品として、彼のリクエストで携帯ウォシュレット?(http://www.amazon.co.jp/TOTO-トラベルウォシュレット-携帯用おしり洗浄器-ブルー)を贈りました。倉橋先生からのお話として、オリンピック女子フィギュアスケートの勝因に因んだ、餞のお言葉をいただきました。寂しくなるけど、夢を実現させてきてね!