TOP of 藤田保健衛生大学・総合医科学研究所・分子遺伝学研究部門

molgen.jpg
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
Division of Molecular Genetics. Institute for Comprehensive Medical Science. Fujita Health University.

ようこそ分子遺伝学研究室へ

 わたしたちの研究室では、染色体異常の発生メカニズムの解明を目的とした研究をおこなっています。染色体異常は、精神発達遅滞の原因の中で最も頻度の高いものです。また、不妊症や、習慣流産の原因の中でも染色体異常の占める頻度は高いことがわかっています。このような染色体異常が、なぜ、どのようにして発生しているのかはまだよくわかっていません。しかも、現代のような少子化、母体の高齢化の時代において、生殖補助医療の進歩も相俟って、たいへん重要な研究テーマとなっています。
染色体異常はダウン症候群などの数的異常(異数性)と、転座や部分欠失のような構造異常とに分類されます。わたしたちは、これらの染色体異常に至る分子メカニズム同定に向けて、次世代シーケンサーやマイクロアレイを利用したゲノム解析、種々のモデル生物を用いた解析など、最新の分子生物学的研究手法を駆使して、研究活動を行っています。
 研究活動に加えて、わたしたちは藤田保健衛生大学病院・遺伝カウンセリング室で、さまざまな遺伝性疾患・染色体疾患の患者さんやそのご家族への情報提供や意思決定の支援をおこなっています。また、当施設は臨床遺伝専門医研修施設に認定されており、臨床医の臨床遺伝専門医の教育、そして、大学院・認定遺伝カウンセラー養成課程の支援などの人材育成も積極的に行っています。


トピックス

疾患遺伝子網羅的解析センター

2014年8月1日に疾患遺伝子網羅的解析センターがオープンしました。次世代シーケンサーやマイクロアレイなどの最新の網羅的手法を用いて、疾患を遺伝子レベルで診断する施設です。関連記事が中日新聞に掲載されました。LinkIcon新聞

プレスリリース

Cohesin140510-1.jpgCohesin140510-2.jpgCohesin140510-3.jpg

ヒトで卵の染色体異数性の頻度が女性の加齢依存性に増加メカニズムを解明しました。卵の減数分裂は女性が胎児の時に始まり、一旦停止し、長い休止期に入ります。思春期以降、排卵時に減数分裂を再開しますので、20才の時に排卵された卵子と40才の時に排卵された卵子とでは、休止期の期間が20年違います。ところが、減数分裂染色体をつなぐ減数分裂コヒーシンは胎児期以降は産生されないので、壊れても補充されない可能性があります。本研究では、手術検体の卵巣を使って、減数分裂コヒーシンの免疫染色を行い、そのシグナルを定量し、減数分裂コヒーシンが加齢依存性に減少していることを証明しました。減数分裂コヒーシンが減少することで、減数分裂前に姉妹染色体や相同染色体が解離し、分離異常をおこしやすい状態になってていることが、女性の加齢依存性の異数性の増加につながると推定されました。この研究成果は、2014年5月7日にPLoS Oneにオンラインで公開され、NHKや日経、朝日、読売、毎日などの全国紙で報道されました。LinkIconもっと読むLinkIconPubMedへLinkIconNHKLinkIcon新聞

イベント

2015年3月より、名古屋市科学館生命館5階の展示スペースで、本学認定遺伝カウンセラー養成課程の大学院生が作成した、藤田保健衛生大学病院遺伝カウンセリング室の診療風景や、疾患遺伝子網羅的解析センターでの遺伝子検査の実際を解説する展示を公開しています。3月28日(土)に、「かがくゼミナール」で、当ラボの倉橋教授が、「受ける?受けない?遺伝子検査」というタイトルで講演しました。
image2.jpeg

お知らせ

LinkIcon認定遺伝カウンセラー養成課程

2014度4月より、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科・臨床検査学領域に遺伝カウンセリング分野が開講されました。東海エリアでは初めての認定遺伝カウンセラー養成課程が愛知県・名古屋地区に誕生しました。2015年度の学生(2期生)を募集中です。詳しくは、こちら。(パンフレット・前面)、(パンフレット・後面DSCF1190-2.JPG

藤田保健衛生大学病院・遺伝カウンセリング室の受診のための情報のページです。
診療内容や受診予約方法などが書かれています。

t(11;22)転座を持っておられる方やエマヌエル症候群に関する情報のページです
患者さん、ご家族、医療従事者の方々に、最新の情報を提供します。

LinkIcon当施設は、臨床遺伝専門医制度研修施設に認定されています。


LinkIcon2014度4月、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科・臨床検査学領域に遺伝カウンセリング分野を開講しました。東海エリアでは初めての認定遺伝カウンセラー養成課程が愛知県・名古屋地区に誕生しました。現在、2016年度の学生募集中です(3期生)。詳しくは、こちら。(パンフレット・前面)、(パンフレット・後面



新着情報

LinkIcon2015年3月22日
名古屋市科学館生命館5階での展示が公開されました。

LinkIcon2014年8月1日
疾患遺伝子網羅的解析センターがオープンしました。

LinkIcon2014年7月27日
疾患遺伝子網羅的解析センターの記事が中日新聞に掲載されました。

LinkIcon2014年6月21日
疾患遺伝子網羅的解析センターのオープン記念セミナーが開催されました。

LinkIcon2014年5月7日
堤真紀子助教の研究成果がプレスリリースされました。

LinkIcon2014年4月1日
大学院保健学研究科に、認定遺伝カウンセラー養成課程が開設されました。

LinkIcon2014年1月25日
業績を更新しました。

LinkIcon2014年1月15日
倉橋浩樹教授がCBC「ゴゴスマ」に生放送で出演されました。

LinkIcon2013年11月8日
認定遺伝カウンセラー養成課程開講がプレスリリースされました。

LinkIcon2013年10月12日
第26回藤田学園市民公開講座「遺伝カウンセリングって何?」が開催されました。

LinkIcon2013年8月14日
ポスドク研究員、研究補助員募集の情報を掲載しました。

LinkIcon2013年8月9日
第26回藤田学園市民公開講座の情報を掲載しました。

LinkIcon2013年8月3日
認定遺伝カウンセラー養成課程・学生募集要項を掲載しました。

LinkIcon2013年5月21日
業績および近況を更新しました。

LinkIcon2013年3月13日
稲垣秀人助教の研究成果がプレスリリースされました。


藤田保健衛生大学病院
遺伝カウンセリング室の
情報のサイトです。


t(11;22)を持っておられる方、
エマヌエル症候群の患者様
に関する情報のサイトです。


疾患遺伝子網羅的解析センター
に関する情報のサイトです。


藤田保健衛生大学大学院
保健学研究科・臨床検査学領域
認定遺伝カウンセラー養成課程
の情報のサイトです。