診療科別紹介
スタッフ紹介診療と研究研修医の先生へ患者さまへヘルニアについて胃瘻について学 会
(上部)食道・胃・十二指腸/消化器外科III
イラスト 昭和58年船曵外科として発足(船曵孝彦教授・前藤田保健衛生大学学長)。平成13年に臓器別診療体系発足に伴い藤田保健衛生大学外科・上部消化管グループとして再編された。診療は食道癌・胃癌といった上部消化管疾患の外科診療が中心であるが、ヘルニア、虫垂炎などの一般外科疾患も診療している。
 当科の特徴としては胃癌手術を中心として鏡視下手術を積極的に導入していることであり、低侵襲でかつ根治性の高い手術を実践している。またすでに非常に進行しそのままでは手術不能な症例には積極的に術前化学(放射線)治療を行い、手術可能となった症例もあり、集学的治療は積極的に行っている。

教授紹介
宇山一朗

宇山 一朗
教授
●経 歴
 1985年 岐阜大学医学部卒
 1985年 慶應義塾大学医学部外科学教室入局
 1991年 練馬総合病院勤務
 1997年 藤田保健衛生大学外科講師
 2002年 藤田保健衛生大学外科助教授
 2006年 藤田保健衛生大学外科教授
現在に至る
●学会活動
 日本胃癌学会評議員
 日本食道学会評議員
 日本内視鏡外科学会評議員
 日本肝胆膵外科学会評議員
 内視鏡下胃癌リンパ節
 郭清手術手技研究会世話人

 
SITE HOMEへ