診療科別紹介
スタッフ紹介診療と研究研修医の先生へ患者さまへ学 会
乳腺外科
 乳腺の良性・悪性疾患対象に診療をおこなっています。
 乳癌診療においては病理部、放射線科、形成外科、リハビリ科と連携し、手術療法・薬物療法(化学療法、内分泌療法)・放射線療法を駆使し、エビデンスに基づく診断と治療を行なっています。
 乳癌の手術では、乳房温存療法が基本となりますが、センチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清の省略、形成外科による乳房同時再建術なども取り入れ、機能的、美容的に優れた治療を実施しています。
 乳癌治療においては薬物療法も重要です。術後補助療法だけでなく術前化学療法や再発乳癌における薬物療法も積極的に行なっています。

教授紹介
内海俊明

内海 俊明
教授
●経 歴
 1983年 弘前大学医学部卒業、慶応義塾大学外科入局
 1984年 浦和市立病院
 1985年 慶応大学医学部助手
 1991年 藤田保健衛生大学医学部講師
 2000年 藤田保健衛生大学医学部助教授
 2003年 Imperial College, St. Mary's Hospital,
Londonに留学
 2005年 藤田保健衛生大学医学部教授
現在に至る
 

●賞 罰
 1997年 日本乳癌学会奨励賞受賞
 1999年 刀林賞(慶応義塾大学外科学賞)受賞

●学会活動、役員他
 日本外科学会指導医・専門医・認定医
 日本消化器外科学会認定医
 日本乳癌学会評議員・専門医・認定医
 日本癌治療学会、日本癌学会会員など

●趣味・コメント
 趣味はたまにしか行けませんが、釣りです。
 日本では乳癌の罹患率が上昇していますが、一方ではその治療成績も向上してきています。また、新たな乳癌の治療法の開発に力を注いでおり、特にホルモン療法では従来とは異なるメカニズムに着目した治療の開発をめざしています。乳癌検診で精密検査を要するとされた方、しこり・乳頭異常分泌など、乳房疾患に関する疑問・相談に応じています。

SITE HOMEへ