診療科別紹介
スタッフ紹介診療と研究研修医の先生へ患者さまへ学 会
(下部)小腸・結腸・直腸・肛門/消化器外科IV
イラスト 大学病院開院以来続いてきた大腸肛門外科、下部消化管を中心としたグループで、昭和62年に丸田守人名誉教授を初代教授として講座を発足。
 平成13年に臓器別診療体系発足に伴い藤田保健衛生大学外科・下部消化管グループとして再編された。日常の診療では、現前田教授を中心に、患者の一疾患だけを診るのではなく、全身を把握した上での診療を心がけており「メスを持った内科医」を目指し日々努力しています。また、「自分だったらどうしてほしいか、自分の家族だったらどうするか」を基準に十分なインフォームドコンセントを行い、治療を行っています。
 最近増加している結腸癌、直腸癌に対しては、根治性はもちろんのこと、機能を損なわずかつ患者の侵襲を減らす治療方針を原則としており、肛門機能の温存、性機能、排尿機能の温存の成績は日本いや世界でもトップレベルの成績を残しています。結腸癌に対しては、侵襲の少ない腹腔鏡下手術も行っており、特に直腸の早期癌に対しては、前田教授が独自に考案した手術侵襲の極めて少ないMITAS法により良好な成績を残しています。
 特に、進行大腸癌、腹腔鏡下手術の臨床研究に際しては、厚生労働省管轄の日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の大腸癌外科グループとして参加しています。
 人工肛門の患者に対しても、医師、看護師が密接に連携して対応しており、患者と家族の理解、日常のQOLを良好なものとしています。潰瘍性大腸炎の手術では難治性あるいはステロイド大量、長期投与などに対しても発癌の心配がなく、肛門機能も温存され、患者は良好な社会復帰をしています。
 クローン病の手術では腹腔鏡下手術を多用して侵襲を少なくし、その痔瘻にはシートン法もおこなっています。その他痔核、痔瘻、直腸脱、肛門括約筋不全、排便障害などの良性疾患に対しては、個々の症例に合わせて診察治療を行い、早期の社会復帰、 QOLの向上を目指しています。

教授紹介
前田耕太郎

前田耕太郎
教授
●経 歴
 1979年 慶応義塾大学医学部卒業
 1979年 慶応義塾大学医学部外科学教室
 1985年 慶応義塾大学伊勢慶応病院外科同手術室長
 1987年 Lund University Malmo General Hospital外科留学
 1989年 Birmingham University 外科留学
 1990年 社会保険埼玉中央病院外科医長
 1995年 藤田保健衛生大学医学部消化器外科助教授
 2004年 藤田保健衛生大学医学部消化器外科教授
現在に至る
 

●学会活動
 日本外科学会指導医・認定医   日本消化器外科学会評議員・指導医・認定医
 日本臨床外科学会評議員     日本腹部救急医学会評議員
 日本大腸肛門病学会評議員・編集委員・用語委員・保険委員
 日本ストーマリハビリテーション学会理事・評議員・編集委員長・用語委員
 International College of Surgeons (active member)
 International Society of University Colon and Rectal Surgeons
 International Society of Surgery (active member)
 European Society for Surgical Research (active member)
 The Society for Minimally Invasive Surgery
 The Wound Healing Society
 Honorary member of Czech Surgical Society
編集委員: Techniques in Coloporctology (Official Journal of Italian,
Mediterian and Israel Society of Coloproctology)
日本大腸肛門病学会雑誌
日本ストーマリハビリテーション学会雑誌
Reviewer: Journal of Surgical Oncology
European Journal of Cancer
Surgery Today
日本消化器病学会雑誌

●趣味・コメント
 ワインと美味しい食事、学問。

 下部消化管の外科、具体的には小腸、大腸(結腸、直腸)、肛門の外科を専門に診療にしています。下部消化管疾患には、癌などの悪性疾患の他に、失禁・便秘などの機能性疾患、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患、痔などの肛門疾患がありますが、それらに対し世界最高水準の高度医療を行いつつ、「自分だったらどうして欲しいか、自分の家族だったらどうするか」をモットーに日常診療を行っております。価値観が多様性な現在、患者さまに十分なインフォームドコンセント(情報の開示と同意)を行い、患者さまに納得して喜んでいただける治療を目指しております。そのために世界に先駆けていろいろな治療法を開発し、日常の診療に活かしております。大腸癌に対しては、下及的に人工肛門(ストーマ)を造らず、なお根治性を保ちつつ外科治療を行っておりますし、その他種々の下部消化管疾患に対しても日本でもいや世界でも最高レベルの外科治療を行っていると自負しております。さらに研究を続けてより良い医療が実践できるよう努力したいと思っております。患者さまの声が、より良い次世代の医療のための指針と考えております。

SITE HOMEへ